daylog

してみたいことを考える #10/100

2018.03.22

なんでもいいから(ほぼ)毎日、100日発信してみる 10日目です。
ようやく十分の一。

ほぼ日で「なにか」発信、とはじめてみたものの
毎日、新しいなにかを創作できるほどうまく時間がつくれず、
今までのことを振り返ったり、思い出す時間が多くなりました。

何もせず・できずにいて どんどん小さく、自信がなくなっていく自分にとって
それでも何かをしようとした時、何が一番に出てくるんだろう?と考えると
やっぱり、歌うことなのかなぁ、と思いはじめました。
今日は、これからの課題としてやってみたいことを発信します(有言実行)。

・自分がはじめて作詞作曲した曲を音源にする
はじめて作ったと言える曲は、小学校中学年くらいの時に1曲だけ。
歌詞もメロディもほぼちゃんと覚えています。
なにもかもつたないですが、とても前向きなうたです。
ものすごくはずかしいので、表に出せるかどうかはわかりませんが、とりあえず形にしてみたいなぁ、と。
(当時は録音できる環境なんかなくて。叶うなら、当時の自分に会いに行って、録音してあげたいなぁ)

・コンピなどで提供させていただいた曲で、自分のアルバムやネット上で公開されていないものを、セルフカバーする
これは、少し前からやりたいなぁと思っていました。
ありがたいことに、今まで何度かお誘いいただいて、曲を書き下ろしたことがあって。
古いものは、自分でも「こんな曲作ったんだ〜」と思うものもあったり、
でも、ひと様のために作らせていただいたものなので、それぞれに自分なりに魂がこもっていて、面白いものも多くて。
もう頒布や公開されていない、されないだろうと思われるものも多いので、
せっかくなので、新しい形で、まとめてみたいなぁと思っています。
今のところ、5曲以上が候補に上がっています。

とりあえずは、ここまで。
あいかわらずゆっくりだと思いますが、もしみてくれている方がいましたら、念を送ったり、見守ってもらえたら嬉しいです。

おやすみ は はじまり #9/100

2018.03.21

なんでもいいから(ほぼ)毎日、100日発信してみる 9日目です。

今日は練習の一発録音から
オリジナル曲「おやすみ は はじまり」の弾き語りです。

止まらない道を歩く
弧を描く景色に
なにも知らないまま目が覚めて
動き出す
朝の光ともした穏やかな君に
今日のはじまりが囁き 輪をつくる
砂のお城みたいにきらきら崩れる
過ぎてったおままごとはまだ手のなかに
静かで怖い夜がやってくるのは
明日咲く芽が待っているから
だから今日は眠ろう
おやすみははじまり

*

この曲は、以前、聖歌隊風の合成音声用音源を作ってみたときに
紹介動画のために作ったインストに歌をつけたものです。
自分なりの賛美歌をつくりたい、と考えていました。


今聴きかえすと、歌のメロディはほぼそのままですね。

うたを付けたものは、こちらのアルバムの最後に入っています。

もし持ってくださっている方がいたら、聴き比べてみてもらえたら楽しいかもです。

まるでドライブのような #7/100

2018.03.19

なんでもいいから(ほぼ)毎日、100日発信してみる 7日目です。

過去の練習の録音を聴き返していました。
ライブでも多分もうほぼやらない、音源にもなる予定がない、でも自分の歌、っていうのがいくつかあって
せっかくなので少しづつアップしてみようと思います。

「まるでドライブのような」

空っぽの鉄砲を持って 飛び乗った列車で山奥へ行く
育ってく劣等なんかと 噛み合わないまま引きずって歩く

片っぽだけ取った手から 伝わったあらゆる色彩を見る
登っては落っことされて 右へ左へ揺れながら進む

望んだらどうしようもなくて 上も下でもない前を向く
カーブではちょっと緩めて さっき泣いてた鳥さえ笑うよ

*

声だけverもあったりします。

ももみあカルテットの話 #6/100

2018.03.17

なんでもいいから(ほぼ)毎日、100日発信してみる 6日目です。

4/7に池袋で行われるライブ に「momomia quartetto」というアコースティックバンドで出演をさせていただきます。
メンバーは、合成音声ライブラリの”桃音モモ”の声を作っていらっしゃる、中の人の藤本萌々子さん。
ギターのみやびしさん。キーボードの市蔵さん。そして私の4人です。

しっとりとした楽曲を中心に、萌々子さんとのツインボーカルが映える演奏ができたらいいなぁと思っています。


バンドメンバーさんのことを考えながら描きました。

何人かで集まって、ひとつの音楽をするのはやっぱり楽しいです。
演奏する楽曲も、尊敬できるバンドメンバーさんとのひとときも、こういう機会をいただかないとなかなかできないことなので、
贅沢に味わいながら、本番までの日々を楽しみたいです。

« PREV NEXT »